bitFlyer(ビットフライヤー)で取引を始めるまで -口座開設から取引開始までの手順-

今や耳にすることも多くなってきたビットコインを初めとする仮想通貨を取引できる大手国内取引所であるbitflyerで取引を始めるまでに必要な手続きを解説します。

アカウントクラスや本人確認など、順を追って説明していきます。

 

アカウント作成

まず初めに、アカウントを作成するためにメールアドレスの登録から始めましょう。

他にも登録方法はありますが、二段階認証など今後の操作を考えると、普段お使いのメールアドレスの登録が無難でしょう。

bitflyerでは、アカウントの機能によってウォレットクラス、トレードクラスというグレードが設定されています。

日本円の入出金や仮想通貨の購入の為には、トレードクラスへの登録が必要になります。

トレードクラスに登録するには

・ご本人情報のご登録

・ご本人確認資料のご提出

・お客様の取引目的などのご確認

・転送不要の書留郵便のお受取

以上が必要となっています。

ビットフライヤーアカウント作成ページ

 

取引を始めるまでの流れ

登録メールアドレスに届くbitFlyerからのメールに記載されているリンクをクリックします。その後、キーワードを入力し同意事項にチェックを入れ、bitFlyerをはじめるをクリックすることでアカウント作成が完了します。しかし、この時点ではまだウォレットクラスです。

トレードクラスへのランクアップのため、ログイン画面のアカウント情報から「携帯電話認証」「ご本人登録情報」「銀行口座情報確認」「本人確認書類の提出」を進める必要があります。

以下では、そのなかでの注意点を解説します。

携帯電話認証

携帯電話番号を入力することでSMSが送信され、そこに記載のコードを入力することで認証が完了します。

万が一、SMSが受信できない場合は、「確認コードを音声で通知する」を選択し、音声通話でコードを聞き取り入力しましょう。

銀行口座情報確認

銀行口座を登録することで取引をするために必要な日本円の入金を行えるようにします。基本的に新しく口座を開設し、ビットコインなどを購入しようという方が多いと思いますので銀行口座の登録が必要となります。

登録名と同名義の銀行口座を登録し、bitFlyerの指定振込先である三井住友銀行か住信SBIネット銀行に振り込むことで、資産状況のJPY(日本円)資産に入金額が反映されます。 入金だけならクイック入金を用いることで可能ですが、確定した利益の払い出しなど出金する際に銀行口座が必要になってくるため、登録をお勧めします。

また、登録する銀行口座は上記のクイック入金や手数料の観点から住信SBIネット銀行がお勧めです。

本人確認資料のアップロードから転送不要の書留郵便のお受取

指定の本人確認資料のアップロードが済み、登録した住所に届く転送不要のハガキを受け取ったことが確認され次第、口座の開設が完了しトレードクラスにアップグレードされます。また、ハガキが届くまでには本人確認情報の登録後、目安として3営業日ほど掛かるのでご注意ください。

参考:ご本人確認資料

 

販売所や取引所、注文方法について

ここでは、販売所と取引所の違いや実際にビットコインを購入するための方法など、トレードにおける注意点を解説します。

販売所と取引所の違い

bitFlyerにおけるビットコインの購入は、販売所を介してbitFlyerから購入する方法と取引所を介して個人間で売買する方法の二つがあります。

販売所では、bitFlyerからの買い取りとなるため購入量を入れれば、その時点の価格ですぐに売買することができ、売買手数料もしばらく無料となっていますが、売値と買値の開きが大きいのが特徴です。

取引所では、マーケットに参加している個人間でのやりとりとなっているため、自分で価格や購入量を指定して反対注文(買いなら売り、売りなら買い)とマッチングされることで初めて決済となります。

注文方法

販売所では、決められた価格で購入量さえ決めてしまえばビットコインを購入することができます。

一方で、取引所では自分で価格を設定して注文(指値注文)することができます。しかし、下がったら売る上がったら買うなどの注文(逆指値注文)は不可能となっているので注意が必要です。

 

bitFlyer Lightning

bitFlyerでは、販売所や取引所の他に、様々な注文方式やレバレッジ取引、ビットコインと他の仮想通貨の売買などを行える仮想通貨のFXのようなサービスがあります。

こちらは、売買の差額で大きく利益を出す場合などに用いられ、別途で専門的な知識が必要になってきますので、もしご利用になる際は、事前にしっかりと調べてからのご利用を強くお勧めします。

参考:bitFlyer Lightning

 

まとめ

以上でbitFlyerで取引するまでの流れを一通り解説しました。思っているよりも簡単に登録でき、仮想通貨を保有することができることはご理解いただけたと思います。 仮想通貨に興味のある方はぜひこの機会にトレードされてみてはいかがでしょうか。 少額の投資から始めて、情報収集をしながら仮想通貨のことをもっと知っていただけたらと思います。

アカウント作成はこちら

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る