意外と知らない? -仮想通貨と暗号通貨の違い-

  • 本来は広義な仮想通貨

今年に入り何かと話題になっている仮想通貨、名前は聞いたことはあるが詳しいことは知らないという人は多いのではないでしょうか?今回はそんな仮想通貨の実態を紹介していきたいと思います。

そもそも、今私たちが日常で用いている通貨というものは金本位制から派生した価値を交換するシステムであり、金の価値を代替するものでありました。しかし今日では紙幣や硬貨といった通貨の価値というのは金ではなく、各国の中央銀行により保証されています。このような通貨のことを正式には法定通貨と呼びます。

一方で仮想通貨の場合は、ある意味で、その文字通り実態のない仮装の通貨のことを指します。「ある意味」の部分を強調しているのは仮想通貨には物質的な実態がないだけで、その価値に実態がないというわけではないからです。つまりは、物理的には存在しないが通貨としての価値はあるということです

このような言い方をすると何か危ない響きに聞こえるかもしれませんが、紙幣や硬貨の代わりになる通貨を使って物やサービスの売買を行うことは今や珍しいことではないですよね?例えば電車に乗るときに使う電子マネーもその一つにあたります。この場合、個人がどれだけの電子マネーを持っているかというのはICカードに記録されたデータであって、それが通貨として使える価値はICカードを発行する会社によって保証されています。

しかしこのような電子マネーは法定通貨の延長だと考えられるのが一般的かと思います。実際、ICカードに1000円チャージすれば、そのカードに1000円入っていることになりますよね?ここで整理しておきたいのが、そもそも論での広義な仮想通貨と一般的に今メディア、更には公的文書などで用いられている仮想通貨の違いです。なぜなら後者は法定通貨の延長とは必ずしも言えないからです。

  • 本当は「暗号通貨」。なぜ「仮想通貨」が用いられているのか?

ICカードにチャージされたお金もデータとして存在するといった意味では仮想通貨ではあるものの、近頃話題になっているビットコインなどの仮想通貨とはその中でも暗号通貨のことを指します。

なぜ暗号通貨が仮想通貨とイコールになっているかを特定するのは難しいですが、日本のニュース、情報誌やブログでは「仮想通貨」を使うのが一般的に浸透しているなという印象を受けます。更には今年4月に施行された改正資金決済法の中でも暗号通貨のことを「仮想通貨」と言及しています。メディアに国までも「仮想通貨」といっているならもはやそちらの方が正式名称でもいい気はしますよね。

実際のところ仮想通貨と呼ぼうが暗号通貨と呼ぼうが、正しい知識を理解していれば問題はないでしょう。ただ、そこで重要になってくるのが名前にもある「暗号」の示唆する意味です。

  • 暗号通貨の基本的な仕組みの違い:キーワードは「暗号理論」

暗号通貨を支えるバックボーンにBlockchain(ブロックチェーン)または日本語で分散型台帳と言われるシステムが存在します。二つは同じシステムを指しますが、カタカナ表記と漢字表記の意味両方を理解することで、よりわかりやすくなると思います。

まずブロックチェーンですが、このシステムは暗号通貨での決済や送金などのやりとりのデータを束にしてブロックを作り、それを次々と時系列順に繋げてチェーンを作ることからその名がついています。また分散型台帳は、そのブロックチェーンを複数のマイナーと呼ばれる人たちが維持管理しているからそのような名前になっています。簡単に言えば、ある一つの機関が中央集権的に維持管理するのではなく、ユーザー全員がそれに関与できるというわけですね。

さて、ここで重要になってくるのが先ほど登場した「暗号理論」でございます。各ブロックは暗号理論をもとに算出されたハッシュ値というものがつきます。また各ブロックにはその前にあるブロックのハッシュ値が記録されていて、これをもとにブロック前後の整合性を保っています。イメージとしては、暗号で作られた鎖(ハッシュ値)でブロックが連なっている感じです。つまり、一つのブロックを改正しようと思ったら、その前後全てのブロックも改正して辻褄を合わせる羽目になり事実上改正は不可能になります。

もう少しわかりやすく説明すると、例えばAさんがビットコインで取引をした際、Aさんが持っていたビットコインがどのようにしてAさんの手に渡ったかというデータがブロックチェーン上に記録されていて、本当にAさんがそのビットコインを持っているかということが確認できます。つまり今回のAさんの取引とそれ以前の取引の整合性を照らし合わせることで暗号通貨の価値を維持していけると言うことですね。

先ほど登場したマイナーの方々はこの確認作業をしていることになります。そしてこのマイニングと呼ばれる作業をいち早く完了したマイナーには報酬としてビットコインが送られるというインセンティブの仕組みになっています。

このように広義な意味での仮想通貨と暗号通貨では、それらの価値が生み出され維持される仕組みが大きく違います。先ほど例に挙げた電子マネーは法定通貨の延長でしたが、暗号通貨の場合は仮想通貨の一種ではあるものの、法定通貨とは仕組みの点でまってく別物といっても過言ではないでしょう。考え方によっては決済システムとしてのブロックチェーン自体が通貨だとも考えることができます。

 

関連記事

おすすめの仮想通貨取引所 比較ランキング
  • 高い流動性と高機能なツールが優秀!

    取り扱い通貨
    手数料ビットコインの現物売買手数料無料
    セキュリティー顧客資産の分別管理、コールドウォレットのマルチシグ化
    取引所の
    信頼度
    資本金:約20億円(資本準備金含む)。日本仮想通貨事業者協会理事
  • 日本最大の仮想通貨の情報メディア

    取り扱い通貨
    手数料現物の売買は手数料無料で追証も無し、FXは0.1%
    セキュリティーシステムを複数層に渡って外部から遮断。内部への侵入が実質的に不可能な環境を構築
    取引所の
    信頼度
    資本金:3億8100万円。日本仮想通貨事業者協会理事
  • MT4導入で高機能な取引ツールを提供

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ取引、FX全て無料
    セキュリティー金融商品取引業者と同水準のセキュリティを実現
    取引所の
    信頼度
    資本金:44億3,000万円(資本準備金含む)。
    親会社は上場企業リミックスポイント
  • 大手証券会社の取引所!アプリはクオリティ◎

    取り扱い通貨
    手数料現物、FXの手数料が無料!スプレッドは1200円前後
    セキュリティー預かり資産、仮想通貨の分別管理。ハッキング、内部不正対策を徹底
    取引所の
    信頼度
    資本金:17.58億円(準備金含む)。GMOグループ企業
  • アルトコインのレバレッジ取引が魅力!

    取り扱い通貨
    手数料現物、レバレッジ共に売買手数料が無料。入出金手数料も無料。ビットコインFXのスプレッドは1,900円程度。
    セキュリティー顧客資産(日本円及び仮想通貨)の分別管理し、毎営業日算定・照合。スマホアプリにも2段階認証を実装
    取引所の
    信頼度
    資本金:12億9000万円。FX企業大手のDMMグループ
仮想通貨取引所 比較
  • 1位
    Liquid
    取引できる通貨ペアは業界最多!高い流動性と高機能なツールが優秀。
  • 2位
    bitbank
    50種類を超えるテクニカル分析が可能な高機能な取引ツールを提供
  • 3位
    BITPoint
    トレードに便利な取引所を運営9種類の通貨ペアとMT4の採用
       
ページ上部へ戻る